ダウン症 特徴・寿命

ダウン症の特徴と寿命

ダウン症の特徴:聴覚障害、知的障害から来る言葉の発達が遅れることにより発音が苦手、低めの声で鼻にかかった話し方をする場合があります。免疫力、抵抗力が弱く病気に罹り易いです。感染への抵抗力が弱いので風邪、中耳炎、気管支炎に罹り易く、心臓病、白血病、てんかんなどの合併症を引き起こし易いです。ダウン症=知的障害ではないのですが、ダウン症と診断される人達の中には知的障害として顕われる人もいます。話を聞くのが苦手で理解する力が弱い、頑固で独り言を言う人が多いですが、反面、思いやりがあり、感受性の強さ、想像力と創造力に優れ、真似をするのも上手いです。コミュニケーション能力が低いですが、芸術性があります。外見は顔の中心部の発達が遅いので、顔と後頭部が平坦で鼻が低く、目の外側が斜めに傾いています。耳の形が奇形、皮膚が柔らかい、首、指が短く、指の骨が1つ少ない、筋力が弱い、内臓器官の変形、などが挙げられますが、この全てに当てはまるのではなく、いくつかに各当しえる特徴です。寿命は50代まで生きる人もいますが、40代で認知症を発症する場合があります。現代では平均寿命が伸びているので、それに伴いダウン症の方達の寿命も伸びていると言われます。又、ダウン症というのは人類が進化した状態であると言う人もいます。