不妊治療 ステップアップ

不妊治療のステップとは?

ステップアップすることは良いこと?

 

  1. はじめに
  2. 4段階の不妊治療
  3. ステップアップの判断
  4. まとめ

妊娠

 

はじめに

 

ある程度の期間不妊治療をしていると、必ずと言っていいほど耳にするのが「ステップアップ」という言葉です。

 

これは数ある不妊治療の中でもより妊娠率が上がるように、高度な技術を駆使して妊娠へと導いていくための段階ということです。

 

もちろん最初の不妊治療のステップで妊娠できればそれに越したことはありませんが、やはりなかなか結果が出ないとなるとどんどん次のステップへ進んでいくことになります。

 

ステップアップしていくことに関してはもちろんメリットもありますが、同時にデメリットもあるということを頭に入れておかなければなりません。

 

そこで今回は不妊治療を実際に受けている友人からの情報も含めて不妊治療のステップ、そしてステップアップすることで得られるメリットやデメリットをご紹介します。

 

 

 

4段階の不妊治療

 

不妊治療のステップとは

 

 

不妊治療のステップとしては、主に4つの段階を基本としています。

 

妊娠

 

スタートするステップを決める際は、ほとんどが不妊治療を始めた年齢や不妊の原因の重症度などを考慮していきます。

 

それでは順番に見ていきましょう。

 

@タイミング法

 

タイミング法は比較的不妊治療を始めた年齢が若く、排卵がきちんとおこなわれていることを前提としたファーストステップです。

 

簡単に言うと、医師が診察をしてそろそろ排卵日が近く特定できたという段階で「この日に夫婦生活を持てば妊娠の確率が上がります」と指導してくれるかたちとなります。

 

つまり、基礎体温を測ってもイマイチよくわからないという人はまずタイミング法から不妊治療をスタートさせることがほとんどなのです。

 

友人は当時早く妊娠したいために医師のもとへ相談に行ったらまずはタイミング法で指導されたようで、あまりに直接的な表現をされたので少し気恥ずかしかったと言っていました。

 

確かに慣れるまでは多少なりとも抵抗があるのは仕方のないことですが、これも妊娠率を少しでも上げるためです!

 

血液検査などをして問題が特に見つからなかった場合は、まずはタイミング法で3〜6ヶ月様子を見るというケースが多いようです。

 

A人工授精

 

タイミング法でうまいこと結果が出なかった場合や精子の運動率が低い場合には人工授精にステップアップします。

 

人工授精は、採取した精子を人工的に子宮内や卵管内に注入して送り込むという方法です。

 

普通に夫婦生活を持った場合よりも精子が卵子と出会うまでの距離が短くなるということですから、妊娠率もそれだけアップします。

 

ただ、原理的にはタイミング法を人工的におこなったというだけでそれほど変わりはありません。

 

人工授精は金額も驚くほど高くもないので、ついこのステップで足踏みしてしまう人が多いのです。

 

友人も人工授精を十数回繰り返して、やっと体外授精に踏み切ったために治療が遅れてしまったと後悔していました。

 

B体外授精

 

人工授精を複数回おこなったものの、残念ながら妊娠に至らなかった場合には体外授精にステップアップします。

 

夫婦の年齢的なリミットもあって不妊治療を急ぎたいという場合には、タイミング法からそのまま体外授精にジャンプアップするということも最近では多くなっています。

 

体外授精とは女性の卵巣で出来た卵子を採取し、そして同時に採取した精子を卵子のそばに置くことで卵子と精子がすぐにお見合いできるような状態にする方法です。

 

そしてめでたく精子が卵子に到達し、受精卵ができたところで子宮内に戻して着床させるという方法です。

 

このために女性は子宮内のコンディションを良くするために子宮内膜を厚くする薬を服用するなどして受精卵が着床しやすいように体調を整えます。

 

C顕微授精

 

体外授精と区別があまりわからないという人も多い顕微授精ですが、わたしも最初は同じようなものだと考えていました。

 

でも実は、体外授精はあくまで精子が自分の力で卵子に到達して受精するのに対して顕微授精は採取した卵子に質の良い精子を一匹細いスポイトで取り、直接注入して受精させるという方法なんですね。

 

質の良い卵子に質の良い精子を注入して、質の良い受精卵をつくることが顕微授精の一番のポイントです。

 

そのため、精子は一匹あれば良いということになるので精子の数が極端に少ない場合でもおこなえるという特徴があります。

 

 

 

ステップアップの判断

 

ステップアップする

メリット&デメリット

 

 

不妊治療のステップは4つありますが、なかなかステップアップしない人もいればいきなりジャンプアップで顕微授精する人もいるということで、やり方は多岐に渡ります。

 

というのも、やはりステップアップにはメリットもあればデメリットもあるからなんです。

 

不妊治療中の友人は、順当にタイミング法から始めて現在は2回目の顕微授精を控えています。

 

そんな彼女に聞いた不妊治療ステップアップのメリットとデメリットをご紹介します。

 

・メリット

 

ステップアップのメリットは何よりも妊娠率が上がっていくことです。

 

妊娠

 

ステップアップするごとに卵子と精子が近くなっていくわけですから、確かに妊娠しやすいイメージですよね。

 

しかし実は、4つのステップの中で一番妊娠率が高いのは体外授精なのです。

 

その理由は体外授精の上の不妊治療である顕微授精をする人は、不妊の度合いが重症の場合が多いのでイマイチ妊娠率としては全体的に高くはないというのが現状なのです。

 

体外授精くらいの段階が一番現実的に見て妊娠しやすい不妊治療だということですね。

 

・デメリット

 

では不妊治療をどんどんステップアップさせていくことのデメリットはというと、やはり第一が金銭的な負担がどんどん大きくなっていくということです。

 

妊娠

 

タイミング法は一回の指導料として3千円前後で済むのですが人工授精で5〜10万円、体外授精で30〜40万円、顕微授精ともなると60万円くらいかかってしまうことがあります。

 

これは、確かにステップアップしましょうと言われて「はい、そうですね」とポンと出せる金額ではありませんよね。

 

不妊治療中の友人も、この金銭的な負担が一番辛かったと言っていて、共働きをしながら治療を続けていてとても大変そうです。

 

次にデメリットとしてあげられるのは、タイミング法から順々にステップアップしていくことで時間ばかりが過ぎてしまい、顕微授精する頃にはだいぶ年齢を重ねてしまうということです。

 

友人はタイミング法を始めたのが20代後半でしたが、そこから年単位でステップアップをしたために本来なら妊娠率が高くなるはずの体外授精をおこなったときにすでに36歳になっており、不妊治療をしていなくても妊娠率が落ちる年齢になってしまったのです。

 

そこから顕微授精を初めて開始したのが38歳、一度残念な結果に終わっていますから、やはりステップアップしたからといって必ずしも良い結果が得られるとは限らないということですね。

 

妊娠

 

まとめ

 

まとめ

 

 

今回は実際に不妊治療を受けている友人の協力のもと、不妊治療のステップアップのお話とメリット・デメリットについて説明してきましたが、いかがでしたか?

 

やはり不妊治療にとってかなりの不安要素となるのが年齢と経済的な問題です。

 

しかし、年単位で順々に効果の望めないステップアップを繰り返すのだったらはじめから腹をくくって体外授精にチャレンジしてみるなど、不妊治療の希望も医師に相談していくと良いかもしれませんね。

 

後から「何でもっと早くにステップアップしなかったんだろう…」と後悔が出ないように、自分から自発的に行動して停滞状態を抜け出しましょう!